ブログ

BLOG

トップ ― ブログ ― 嫁ぐ女性が身...

嫁ぐ女性が身に着ける小物

日頃より八雲迎賓館のブログをご覧いただきありがとうございます。

先日無事に結婚式をされたお客様の写真のデータを拝見していて、この1枚を目にしました。
皆様何だかお分かりになりますか?

白無垢や色打掛を着た新婦様の胸元を飾る和装小物です。
写真をよく見ると、末広の房子がハート型になっていて可愛らしいですね!
今日は、このお写真にある小物を紹介したいと思います。

◆懐剣-かいけん(写真右)
帯にさす懐剣は、かつて武家の女性が護身用として持っていた短刀で、
打掛が武家の花嫁衣裳であった名残。
剣は古くから神の宿るものとして神宿視され、多くの儀式では魔よけのお守りとして用いられてきました。
婚礼においても、新たな人生へと旅立つ花嫁を様々な災いから守る役割とされ夫婦円満、無病息災を祈ります。

◆筥迫-はこせこ(写真左上)
江戸時代、武家の女性たちは、鏡、紅筆、白粉などの化粧道具と身だしなみ用の
懐紙を筥迫に入れて持ち歩いていました。まさに今でいう化粧ポーチであり、成人女性の印でもありました。
現在では花嫁の正装用に転じ、装飾品として着物の胸元を飾ります。

◆末広-すえひろ(写真左下)
「扇子」のこと。顔を隠すものということから、花嫁の恥じらいを表すともいわれます。
要から次第に広がる末広がりの形がおめでたいとされ、「将来に向けて末広がりに幸せになるように」との願いを込めて、縁起物としてこの名前で呼ばれています。

こういった一つ一つの小物にも意味が込められているのです。

いつの頃からか、親御様は嫁ぐ娘に「いつまでも清らかで美しくいられますように・・・」との願いを込め、花嫁道具の一つとして筥迫を贈ったそうです。

ある結婚式では、新郎様の元へと嫁ぐ娘の花嫁仕度の仕上げとして、新婦様と一緒に参進
された際に、お母様から新婦様に宛てたお手紙を入れた「筥迫」を差していただきました。
小物に意味があるからこそ、とても心温まる素敵な瞬間でした。

七五三・成人式・卒業式・・・・人生の大切な節目に身に着けていた着物
だからこそ、貴方の結婚式には着物を、小さな小物たちを身に着けて頂きたいと思います。




■6/26(土)【500着から選べる♪】和装もドレスも無料試着できる贅沢フェア
自社衣裳店【モードコレクション美和】へご案内!
SNSで人気のISAMU MORITA・KIYOKO HATA・蜷川実花などのブランドドレスや、
織・本手描友禅の豪華和装をご用意いたしております。

■7/3(土)上質な変幻自在スタイル体験!料理長美食付×安心徹底サポート
【料理試食会】第一部 12:00~ 第二部17:00~
料理長オススメのセレクトコース6品(12,000円相当)をプレ花嫁・花婿の特権で確かめて♪
口コミでも高評価を頂いている、八雲迎賓館スタッフのサポート力も感じてください!!

■7/3(土)【おふたりの記念日をかたちにする】写真で叶えるウェディング相談会
コロナ禍の中、結婚式を挙げたくても挙げられないカップルもたくさんいらっしゃいます。
そんなおふたりに、大切な記念日を「かたち」にして、記憶に残していただけるよう、全力でサポートいたします。

■在宅OK【オンライン対応】来館不要のTel&Web相談会<特典あり>
来館不要のリモート相談会を開催!
Webミーティングツール「zoom」を利用して、スマホやタブレット、パソコンでご自宅や外出先(※Wifi環境推奨)から
八雲スタッフと簡単にオンライン相談していただけます。

ご予約・お問い合わせ

CONTACT


TEL 0120-642-896

受付時間 12:00~19:00
(土日祝9:00~19:00)
※火・水曜日定休(祝祭日除く)

Go to TOP