パーティーレポート

PARTY REPORT

トップ ― パーティーレポート

STORY #41

H30年4月22日(日)挙式 石野様・斉藤様ご夫妻

2018.04.22

EPILOGUE

【 Party Report 】

■挙式場■
八重垣之杜

■披露宴会場■
陽だまり

■招待客(ゲスト)人数■
約58名

■挙式■
むすび式(神前式)

■挙式アフターセレモニー■
お万寿まき

■披露宴演出■
オープニングムービー / 人力車入場 / ご友人スピーチ / メモリアルムービー
ベールダウン / ベールアップ / リングベアラー / 指輪交換
ケーキ入刀 / オリジナルフラワーケーキ / お琴の演奏(余興)
ドレス色あてクイズ / フォトサービス / 即日編集エンドロールムービー


当日のお二人の様子をぜひご覧ください



CHAPTER #1

お式直前、花嫁さまは最後の仕上げを・・・。

同じ頃、受付が開きゲストの皆さまが続々とご到着。
ドレス色あてクイズの投票も行われていました。

CHAPTER #2

緊張をほぐすように、カメラに笑顔を向けるおふたり。

まもなく開式です。
ご入殿は「開花の歩み」にて。


親御様から生まれた一粒の小さな種が、やがて芽吹き、
いつしか成長して花を咲かせるとき…それが結婚式。

新郎のことを花婿・新婦のことを花嫁と呼ぶのはその為です。
今まで守り育ててくれた親御様と一緒に歩き、大輪の花を咲かせるその瞬間を、
一番近くで見守って頂きたいという想いが込められています。

「開花の歩み」は今まで家族で歩んできた時間を一歩一歩噛み締める時・・・。

CHAPTER #3

「三三九度の盃」
御神酒(おみき)を一つの器で共に飲み合うことで
一生苦労を共にするという誓いを交わす儀式です


「誓詞奉読」
神前でご奉告する、夫婦の誓いの詞(ことば)。
お二人がご夫婦となられる事を皆様に宣誓いたします


誓いの言葉には、「心入れの儀」として
ご参集いただいた全ての人たちの心を結ぶという想いを込め
おふたりに「心」という字の一画を入れて頂きます

CHAPTER #4

アフターセレモニーは、「お万寿まき」。

本来は新郎の家の2階の窓から、自宅での結婚式の最後に
まんじゅうやお菓子等を盛大に撒くという、福井で始まったとされる儀式。

ゲストの皆さまへの「幸せのおすそわけ」。
大いに盛り上がるひとときとなりました。

***

そして、ご披露宴へ・・・。

ご入場前に人力車での和モダンな一枚を。

披露宴会場内では、オープニングムービーが上映されます。
ご入場前におふたりのことを知ってもらうことができる
ゲストにも嬉しい演出です。

CHAPTER #5

ご新郎さまの牽く人力車で、そろってご入場。

会場内では、「陽だまり」をイメージした
当館オリジナルの和傘で、あいあい傘♪

おふたりが選ばれたコーディネート
装花・クロス・ナフキン・ペーパーアイテムが会場を彩ります。

***

ご友人からのスピーチをいただき、嬉しそうなおふたりの
表情をみることもできました。

お色直しへの中座は、
手を取り合い、腕をくんで・・・
それぞれお母さまと。

CHAPTER #6

お待ちかねの再入場。
新婦さまはご両親とご一緒に・・・。

お母さまからのベールダウン。
ベールはご両親からの愛情を表すもの・・・
たくさんの愛情に包まれ育てられたこと
その想いを胸に、お父さまとともに歩みだします。

CHAPTER #7

新郎さまと、お父さまの固い握手。
「娘を、頼むよ。」
「必ず、幸せにします。」


***


ふたりが向かい合い、ベールアップ。
このあとに続くのは、指輪交換です。

大切な指輪を運ぶピローは、新婦さまとお母さまの手作り。
ベアラーは、ごきょうだいにお願いしました。

CHAPTER #8

オーダーしてから毎日眺めていた結婚指輪。
お互いにやっとはめる時がきて、
おふたりはとっても嬉しそう・・・♪


***


おふたりだけのウエディングケーキ。
お花畑でのデートが多かったという
想い出をカタチに。

CHAPTER #9

ケーキにご入刀し、ファーストバイト。
新郎から新婦へは「一生食べ物に困らせない」
新婦から新郎へは「一生美味しい食事を作ります」
という意味を込めておくります。

サプライズでご両家ご両親にもご登場いただき、
会場中が注目するシーンとなりました♪


***


余興は、新婦さまも参加して
10名で華やかなお琴の演奏!

その音色に、会場中が魅了されました。

CHAPTER #10

受付で予想した、カラードレスの色・・・
ゲストの皆さまもそれぞれの予想を胸に、ドキドキの再入場!

憧れの大階段から、
おふたりで一歩一歩 ゆっくりとご登場です。

CHAPTER #11

新婦さまが選ばれたのは、真紅のドレス。
ブーケ、ブートニア、ヘアードにも薔薇を取り入れ
可愛らしく、上品な雰囲気でまとめられていました。

そしてドレス色あてクイズでは、赤のドレスに
投票していただいた方の中からくじ引きでお一人を決定。
プレゼントと記念のお写真を・・・♪

CHAPTER #12

テーブルラウンドでは、各テーブルでも記念の一枚を。
フォトプロップスなどの小物で楽しく撮影♪

***

人生で一番輝くひとときは、あっという間・・・
そして、ご両親への感謝を忘れずに・・・

おふたりが選ばれた、今日の記念の品は
「三連時計」。
木目の繋がる三つの時計は、これから
離れた場所にいても 同じ時を刻みます。

CHAPTER #13

今日という一日、つい先ほどの出来事を
一つの物語に創り上げる「即日編集エンドロール」。

ご披露宴のお開きに合わせて
陽だまりの大きなスクリーンに映し出されます・・・

ご両親にも、ごあいさつの後 一緒にご覧いただきます。

CHAPTER #14

志周さん 亜実さん
この度は誠におめでとうございます
おふたりの末永いお幸せを願っております

また、想い出の場所としていつでもお待ちしております

八雲迎賓館 スタッフ一同

Go to TOP